昔のことなんざキングザブーン

文章力低いなりに書き続けるポケカブログ Twitter:@yoshinanipokeca

ウルネクデッキを使って分かった注意点

ウルネクデッキを使って分かったことをメモします。

認識が間違っている箇所があるはずなので、遠慮なくご指摘お願いします。

対策カード

アローラキュウコンGX(フェアリー)

特性だけでなく技も強い。はくぎんのかぜは70打点+ベンチ30で鉢巻込みならウルネクが弱点込みで気絶します。鉢巻なければ140で済みますが、UBを気絶させるGX技が飛んできます。両方とも必要エネは妖無です。

メインアタッカーは2進化GXでもワンパンできるので後回しにし、アロキュウを最優先で倒しましょう。HP200なので鉢巻超2ゲイザーで倒せます。しかしウルネクで倒すと一度下がる必要があるため、ギラティナで2回攻撃した方が良さそうです。特性のためだけの採用で技が使えなさそうであれば無視しましょう。

ネイチャーパワージュカイン

このポケモンがいるかぎり、くさエネルギーがついている自分のポケモン全員は、相手の「ウルトラビースト」からワザのダメージを受けない。

出典:ジュカイン | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

自身ではなく場に作用する特性です。

  • 草エネが付いていれば草ポケモンでなくても対象
  • 草ポケモンでも草エネが付いていなければ対象外
  • 基本草エネルギーとは書かれていないため、草エネとして付いている特殊エネルギーも対象

HP140なのでベンチにいればギラティナの特性→グズマ→シャドーインパクトで倒せます。

フォースキャンセラーテッカグヤGX

上2つに比べれば使用率も脅威度もかなり落ちますが、最近出たカードなので一応紹介します。実際に使われたことはありません。

このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分のポケモン全員は、相手のポケモンが使うGXワザのダメージや効果を受けない。

出典:テッカグヤGX | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

GXポケモンの技は通りますが、GX技はベンチも含め無効にされます。めつぼうのひかりGXで相手ベンチの進化前を倒してフィニッシュできません。しかしバトル場のみなのでグズマで別のポケモンを出させればOKです。ブリザードヴェールの強さが改めて分かるカード。

プレイング

イカを並べるのを優先しすぎない

初手でイカ3匹並べるのが理想ですが、現実的には2匹です。特にリーリエが引けていなければ、シロナがあってもミストレまたはハイボをテテフ用に温存します。ネスボがあればジラーチを出し、イカを逃がしてねがいぼししましょう。これでリーリエが引ければグッドです。

ただしボール系以外のグッズ等が多く、あまり手札を減らせない場合はシロナを優先しましょう。

トキワの森で超エネを抜きすぎない

山札から超エネを全て抜いてしまうと終盤にウルネク攻撃後に逃げる手段がない時に困ります。

ウルネクで非GXを倒さない(ギラティナで戦うべき相手の見極め)

ギラティナがメインアタッカーで、ウルネクで倒すべき相手の見極めが正しい説もあります。

ウルネクの最大の強みはHP250前後の2進化GXまたはタッグチームすらワンパンできることです。ダブルブレイズからHP270のタッグが増えましたが、ギラティナでダメカン乗せておけば倒せます。

しかし攻撃したら一度下がる必要があるため、焦って進化前の時点で倒すと後で息切れし不利になります。なるべく非GXはギラティナで倒しましょう。

  • 非GX→ウルネクは終盤まで出さず、ギラティナで応戦。
  • GX→なるべくウルネクでGXのみを倒し2-2-2で6枚。ミラーはイカをギラティナで倒す。
  • タッグチーム→1-2-3で6枚取れるため、ウルネクで非GXを倒しても問題ない。HP270のタッグチームはギラティナで戦いダメカンを乗せておく。鉢巻は引けるとは限らないため。

レシリザメタで流行っているカメックスGXも立ち上がりが遅いので、その隙にウルネクではなくギラティナでゼニガメやロコンを倒すのが良さそうです。