昔のことなんざキングザブーン

文章力低いなりに書き続けるポケカブログ Twitter:@yoshinanipokeca

ウルネクデッキリベンジ案

タイトルと内容を変更し再投稿

これの続きです yoshinanipokeca.hatenablog.jp

再度ウルネクでリベンジしたものの、上の記事で書いたことは全く解決されず。

ミュウツー&ミュウGX(仕方なくシングル買い)はウルネクのHPの低さをカバーし、アセロラの採用理由がより明確になったと好感触。コピー対象はGXのみなのでウルネクしかいないのが難点。

先月使っていたピカゼクとの比較で気付いたことがあります。

ドロサポが弱い。つまりテテフも弱い。

ピカゼク(雷エネ採用デッキ)はSMレギュ最強ドロサポ(正確にはドローではない)のデンジがあります。サポート使って最大2枚しか掘れないデメリットはあるものの、意外と引けないエネと貴重なグッズサーチを無条件かつノーコストでできます。これに加えて汎用ドロサポ、デデチェンジも自然と入れられるので回らないわけがありません。

一方ウルネクは超の専用サポートがないため汎用ドロサポを使うしかありません。

しかしそのドロサポもリーリエ以外相性が良くありません。

ドロサポ

リーリエ

初手に素引きしてボール系で手札を減らし、おかわリーリエをキメて盤面をより進めましょう。

しかし1ターン目に引けるとは限らず、2ターン目からは手札次第でハウ以下の性能に落ちます。鋼エネ、鉢巻、グズマ、アセロラ、いれかえ等が多くある手札です。これらは盤面が整うまでは使えません。

1ターン目でも上記のような手札になると大して引けません。またおかわリーリエをキメてもイカもボール系12枚も全く引けないのは珍しくありません。

シロナ

2ターン目以降のリーリエの枚数の少なさをカバーできるように思えますが、このデッキと相性は良くありません。

ボール系が引けないし序盤使えない系カードばかりか。トキワの森で1枚デッキ圧縮してからのねがいぼし。

リーリエ、シロナ、カラマネロ、ウルネク、ボード

ボード引けたはいいけど今はシロナしかないな(カラマネロ直接加えさせろ)。シロナ使います(トキワの森でエネ持ってきた意味ねえな)。

こんな風になります。

かんこうきゃく

2ターン目以降のリーリエより少ないのとこれ以上のトラッシュは厳しい

マーマネ

よほど手札が良くない限り使えません

エリカ

タイミング良く使えれば非常に強い。相手依存で入れるとしても2枚が限度で大抵1枚。

ではどうするのか

この記事で書いたドロサポ以外に山札を引けるカードです yoshinanipokeca.hatenablog.jp

ここではサポート引けない事故を防ぐポケギア3.0を挙げていますがウルネクには入りません。

ダート自転車

かつてのウルネクには採用されていたが今は枠がなく入れないカード

という認識が強いですが、ドロサポがこのありさまなので今でも必要と考えました。ボール系減らしてでも(どうせ12でも引けない)4枚入れて試します。→4枚は多すぎました

ジャッジマンホイッスル

山札を1枚引くまたはトラッシュにあるジャッジマンを手札に加える

ハンド干渉を入れたいならありかもしれない。やぶれかぶれはベンチを埋めてしまいこのデッキと相性が悪く、リセスタは1枚入れたところでタイミング良く使えるか怪しいです。

このカード4枚とジャッジマン1枚を入れれば、サポート以外のドローとハンド干渉を兼ねられます。

グズマの枚数

4枚でも思ったより悪くありませんでしたが、3枚で十分です。他のカードを入れる方がメリットが大きい。

事故要員はグズマよりアセロラと鋼エネ。鋼エネは2枚も考えましたが無理矢理逃がす、ギラティナの起動(超2無1)、サイド落ちを考えると3枚必要です。

続き yoshinanipokeca.hatenablog.jp