昔のことなんざキングザブーン

文章力低いなりに書き続けるポケカブログ Twitter:@yoshinanipokeca(※ほぼ鍵です)

白銀のランス/漆黒のガイスト カードリスト公開と近況

2021/4/23(金)発売の白銀のランス/漆黒のガイストのカードリストが公開されました!

残念ながらポケセン限定セットの抽選は外れてしまいました。発売後にシングルしかなさそうです。もっともシングルも売り切れか平和時より高いんですねこういう時は。

カートリスト

白銀のランス www.pokemon-card.com

漆黒のガイスト www.pokemon-card.com

 拡張パックの例にもれず、非常に強力なポケモンVとトレーナーズが収録されています。スタンではGXとVの特性を消すスタジアムの頂きへの雪道は未知数。連撃デッキがデデクロなしでも回せるようなので入りそうです。

 一撃はデデクロなしで回すのは無理です。とはいえ変に意識してリセホ入れたりするのも微妙で、変に対策札を入れず回った時の圧倒的パワーを押し付ける路線で行った方がいい説も。ただある程度の対策はしないとそのパワーが出せない問題も。

 何か組むとしたら連撃ですがゼラオラですかね。天の巻を使いたい。と思っていましたが案の定構築段階からすでに難しく断念。素直に馬のどちらかを優先して組みます。サダイジャVMAXも面白そうではありますが。

近況

 5月中旬の人生初のシティリーグに向け、一人回しとディスコード鯖での対戦を行っています。

 もちろん使うのは一撃ウーラオスVMAX

 時々三神ザシアンも回し最初に比べればずいぶん良くなりました。多少遅れることはあっても事故という程酷いのはほぼなくなり、いかに余計なポケモンを出さないかを考えるフェーズに移行しています。ですが三神ザシアンはシティに出るなら全参加者が対策済みで、何よりミラーでは練度の差で100%負けます。結果全てのデッキに勝てません。

 それなら回った時のパワーは最強である一撃ウーラオスVMAXを使うのが弱者の戦略として正しいです。

 がこの一撃ウーラオスデッキも回せば回すほど課題が出てきます。よく1進化2種類を立てないといけないからと言われますが、これは問題ありません。なぜなら最初はウーラオスVで攻撃するからです。4-2ラインになっているのはこのため。キョダイイチゲキは実質GX技で少なくとも2ターン連続で使うのは無理です。このためVで攻撃する必要があります(なお後述)。

 では何が問題なのかというと活力の壺の存在。博士でなるべく多くのカードを引き込み高い要求値をクリアする。一見セオリー通りに思えるがその過程で活力の壺をトラッシュしてしまう。4枚入れると2枚初手に来ることが多いのはアクアパッチ同様(当時は博士はなかったがそういう時は他の手札も悪い)。かと言ってマリィをメインドロサポにするのは相手を助けるリスクが高いし、こちらも解決にならないか事故る。このデッキではドロサポにならない。

 さるぢえで戻す手もあるが、ベンチのスペースが厳しく何より回す難易度がアルティメットになる。通常は戻して4枚であるが、気絶トリガー時は7枚になるシバも検討していい。

 漆黒のガイストに収録されるカトレアは一見相性良さそうに見えましたが、これは入らなさそうです。カトレアが強いのはカトレア以外がほぼ使えない札である状況。壺以外は使える札だった場合は山の下に戻してホップ程度です。

カトレア カトレア
自分の手札を好きなだけ選び、好きな順番に入れ替えて、山札の下にもどす。その後、もどした枚数ぶん、山札を引く。

 ネズの使用感がデンジのようで好感触。博士より強いまである(暴論)

とここまで迷走時の記録

4/20

 ピカゼクが最初はエレパという壺と同じ初手で使えないのに4枚が基本のグッズがあるにもかかわらず、博士を入れていた。が後に博士なしの型が開発された。

 それならこのデッキでも博士なしはできるのでは?と考えた。結果無理があった。ピカゼクはエレパは関係なくタッグコールの存在で博士なしが可能だった。また雷にはスピード雷エネの存在も大きい。

 先2でネズを使用しヘルガーと手貼りの一撃エネを持ってきて咆哮を1回で抑えつつブローを使う。はできるのだが当然返しで倒されるため、2匹目のウーラオスの準備もしておかないといけない。普通にできるのではと思われるかもしれないが、サポにネズを使っているためできないことの方が多め。

 先3でシバとたむけのまいで2匹目を用意しても進化はできないため結局また倒される。と確定サーチで序盤を安定しても後に響いてくる。先攻でこれなので後攻ではお察し。デッキ圧縮ができないと勝負を決めるボス(グレキャ)にたどり着けない。やはり普通に博士で引き、進化させてメモリーカプセルを気合で引いてくる必要あり。トラッシュは割り切って恐れてはいけない。またマリィと博士両方あったら大抵博士が正解。

 >4枚入れると2枚初手に来ることが多いのはアクアパッチ同様

Q.三神ザシアンもメタルソーサーというカードがあり同様なのでは?
A.三神ザシアンの場合はなぜか鋼エネとクイボも同時に来て、すぐに使えることが多いので問題になりません(すぐに使っていいのかはともかく)

また壺のトラッシュに関しては過去の自分が否定していました。スペシャルチャージ:特殊エネ全般が対象の活力の壺

yoshinanipokeca.hatenablog.jp

 ストーン闘エネの採用により死に技になっていたとぎすますが使えるようになった。白馬のダイランス(250-20)は耐えないが、ブレキャ(230-20)とダイビクトリー(220-20)を耐えるので十分。さらにエネを増やせば壺は2枚で足りることも判明。進化すれば倒されないので手貼りで2匹目にエネを付ける余裕はある。

2021/4/10 生存報告

更新間隔が空いてしまったため今の状況報告です。昨年度末のようにヘラってはいないのでご心配なく。

シティリーグ初挑戦へ

シティリーグ アディショナルシーズンにエントリー

1年前中止になったので今度こそは初挑戦したい

白銀漆黒発売してしばらくというカオスな環境になりそうですが、やれるだけのことをやって挑みます!!

デッキ

シティエントリーで気合が入りなんと5つも出来上がった(実質は上の3つ)

  1. いちげきウーラオスVMAX
  2. 三神ザシアン
  3. ムゲンダイナVMAX(ドガスなし)
  4. カメックスVMAX(完成度低)
  5. マルヤクデVMAX(エクストラ)

三神ザシアンは今までも作ったが、うまく回せなさ過ぎて崩していた

がドロサポを厚くすることでデデンネを出す機会が減り、そしてベンチを絞ることで真の強さを発揮するデッキであることに気づいた。相手にしたときのロックされてるわけでもないのに、妙にこちらの動きが制限されている感覚の正体がこれ

一撃のようなデッキは加点方式、三神ザシアンは減点方式の感覚がしていましたが、これは展開するかそうでないかの違い。

対戦

鯖に入れてもらってから対戦機会が大幅に増えた

実戦→それで得たのをふまえた一人回しの正のサイクル

対面ポケカも徐々に復帰しています