昔のことなんざキングザブーン

文章力低いなりに書き続けるポケカブログ Twitter:@yoshinanipokeca(※ほぼ鍵です)

今使っているカメックスVMAXデッキ 複数の進化を立てるハードルを越えた

 12/28(月)に半年ぶりのジムバトル復帰できたので書いた。時々エネが引けないものの、VMAXとモスノウの1進化2種類を立てるハードルを越えられた。

※VMAXは正確にはV進化ポケモン

デッキ

【デッキコード】Lnnngn-Kw6zvq-nQ9gin

f:id:yoshinanipokeca:20201229204440j:plain

ポイント

キャプチャーエネルギー

 1進化2種類を立てるための最重要カード

 進化を複数立てるデッキは進化後が引けないより、進化前が出せないことが多いと感じていた。

 ネストボールとせせらぎの丘が使えない今のスタンではクイックボールしかなく、当然ながらデッキに4枚しか入れられない。かといってオーキド博士のセッティングはワンダータッチが使えず、先1サポートができない今のスタンではあてにできない。それ以前に色がバラけていない。

 GXならプレシャスボール、さらにタッグチームならタッグコールがあるものの、Vポケモン対応のボール系グッズは現時点で存在しない。

 そこで採用するのがこのキャプチャーエネルギー。無色1個分のエネルギーで、付けた直後にネストボールと同じ効果が発動(ベンチに空きがあれば任意ではなく山を見るのは強制。対象なしは可。)残念ながらカメックスはVでもVMAXでも全て水エネルギー要求だが、スイクンは無色対応しているので無駄にはならない。

モスノウライン4-2

 モスノウは1匹いれば機能するので3匹は多い。かといって2匹では引けないがこれも解決した。ユキハミはセオリー通りならモスノウ2匹なら3匹だが、素引きできればクイボやキャプチャーをカメックス等の他のポケモンに使えるようになるため4匹。

 逃げエネ1の方がいいかもしれないが、入れ替えまたは風船前提ならなかまをよぶの方でもいいんじゃないかと思っている。逃げエネ1でもユキハミに手貼りを使うのは惜しい。

マナフィ

 ポケモン通信は4枚採用するとポケモンいないときに限って引きやすい。そのため仕方なく3枚にして、進化サーチの枚数が足りなければおこうを仕方なく追加という形になりやすかった。

 今はマナフィのおかげで素直にポケモン通信4枚を入れられるようになった。これによりモスノウは2匹でも立てられるように。おこうは正直使いにくいので、入れるなら進化ポケモンを持ってこれるから以外の採用理由も欲しい。

ツールスクラッパー

 三神に付いたおまもりを剥がして220+60で倒すため。こちら後攻で順当に先2オルジェネされてもこれで勝機は十分ある。

水エネルギー

 カメックス2匹分+サイド落ち加味で最低10枚。11枚入れれば余裕がある。ウォッシュ水エネルギーはサーチ手段がなく、基本水エネが減るデメリットを上回るメリットが見つからないため不採用。

ジムバ内容

全て先攻

カメックスは進化すると倒せない場合があるので要注意

1戦目 マルマイン型マルヤクデ ×

後1フレアスターターを使ってきたので、ヤクデとマルマインしかいない型ではない

エネ引けない&ワンラビ刺さってグランフォールしか言えず。水3キャプチャー1なのでワンラビなくてもボンバードは夢。4枚目の水エネは本当に引けなかった。

グランフォールは大体敗北宣言…進化しなければ倒せた

2戦目 三神ザシアン 〇

今回は相手がエネ事故を起こしていた

3戦目 ドガスダイナ ×

ポイズンアップでバッドポイズンが60になり、最後ドレッドエンド270ちょうどで倒される

特性無効は厄介だがプランを練れば十分勝てそうだと手応えは感じた

ドガスはカメックスVでげきりゅうほう(進化すると倒せない)ではなくスイクンを最初に育てて倒すべきだったか