昔のことなんざキングザブーン

文章力低いなりに書き続けるポケカブログ Twitter:@yoshinanipokeca

ウルネクデッキ改善案

以下の記事の続きです。 yoshinanipokeca.hatenablog.jp

ダブルブレイズに入り環境が変わったため差し替えます。

変更前

【デッキコード】VkFFdw-KueuhG-1dwFVV f:id:yoshinanipokeca:20190226204342p:plain

入れたカード

暁ネクロズマGX

トキワの森登場以降は交代目的ではジラーチに代わりました。今はGX技の追加効果(技のダメージと効果無効)が有用で採用されます。自分の残りサイド枚数が相手より多くないと使えない点に注意。

フィールドブロアー

レシリザのねがいのバトンを剥がします。トキワの森セルフ除去も。

ベンチバリアミュウ

ウルネクミラー対策のかいてんひこうコケコ、デュアルブリザードジュゴンの対策。今後はベンチアタックできるのが増えると予想しています。特性だけでなく技でダメカンを乗せ、めつぼうのひかりGX圏内に入れる役割があります。

防げるのは技のダメージで効果は防げない点に注意しましょう。めつぼうのひかりGXは技ですが、ダメカンを乗せる効果扱いになり防げません。

選択

アセロラ(エリカout)

エリカはベンチに並べないデッキが増えてきたのでイマイチに。

ダメカンが乗っていないと回収できない点に注意。

ゾロアークGXから2ターン目で100か120打点が飛んできます。ジラーチもイカも死なせるわけにはいかないので、テテフを1回だけ盾にし後でアセロラを使い回収します。中盤は攻撃後のウルネクの交代や、テテフ等に付けたエスケープボードをジラーチに付け替える効果もあります。

戒めの祠採用の非GX相手にテテフを出さざるを得なくなった時も、ダメカンが祠で乗ることで回収できるようになります。

と机上論では強そうですがドロソかグズマのどちらかが優先されるため、あまり使う機会がありません。非GXでも戒めの祠があるとは限りません。シロナを増やすかフウとランを入れるかが妥当でしょうか。

ゾロアークGXは先行取って2ターン目でイカを立てトラッシュに超エネを落とし、ギラティナでゾロアを倒すしかないんですかね。改造ハンマーは腐りますし。

ジラーチ3枚目

枚数的に厳しいですが、イカよりジラーチスタートが強いのでありです。非GX相手はウルネクはもちろんテテフも出しにくいので、2匹出しておきたい。トキワの森が引けないのも減らせます。

テテフとジラーチを両方入れて安定を確保しているため、テテフを抜くのは非推奨。

抜いたカード

マーシャドーGX

ピカゼクが減りました。ピカゼク全盛期でも必須ではなかったようです。

ビーストリング

意外と使う場面がありません。その割には警戒されます。

相手のサイドの枚数が3,4枚の時に「○枚か…アレが引ければいいけど(カード名は伏せる)」とビーリンが入っているかのような盤外戦術を仕掛けられます。

ビーストエネルギー

Bエネではなくハイボを減らしたらカラマネロに進化できなくなりました。ボール系12枚は死守しましょう。

メリット

  • 1進化GXを超2でワンパン
  • 鋼エネも貼っておけば超エネ手貼りで無理矢理逃げられる(鋼と超をトラッシュしBエネが残る)
  • 鉢巻Bエネ超2フォトンゲイザーまたはイクリプスムーンで240打点

しかしこれらのメリットもそれほど感じません。

  • 1進化GXを攻撃後動けなくなる恐れのあるウルネクで倒すよりは、ギラティナでツーパンしたほうが良い(要検証)
  • 状況が限定的
  • ピカゼクが減った

デメリット

  • ギラティナで戦うときはほぼ腐る
  • 非GX相手でなくてもウルネク出して貼りたいもったいない精神が働く

強力ですがプレイングに悪い影響が出やすくなる理由で外しました。

強力なタッグチームが出ると同時に、非GXが躍起になりギラティナで戦う機会が増えます。

4/4 続き yoshinanipokeca.hatenablog.jp